誰でも借りられるのか確認

消費者金融の手続きは簡単で、スムーズにいけば実際の借入れまで1時間もかからずに終わります。急ぎでお金が必要ならば頼りになりますが、誰でも借りられるとは限りません。申込みには条件があります。

 

大手消費者金融の場合、成人していて、安定した収入が無ければ申込みでも断られてしまいます。働いていない学生や主婦、求職中の人は、消費者金融の申込みができません。働いて収入を得ているのであれば、学生や主婦でも申込みができます。また、消費者金融の申込みは、定住の住所と連絡先の電話番号がないと申込みができません。ただし、連絡先は固定電話である必要はなく、携帯電話でも大丈夫です。

 

申込み条件を満たしていても、審査に落ちてしまうと融資を受けられません。申込み時には住所や連絡先だけでなく、様々な質問を受けます。審査ではこれらの情報から、融資可能かどうかを判断します。

 

とはいえ、年収が低いと借りられないとは、派遣社員は借りられないというわけではありません。収入が多いかどうかよりも、収入に見合った借入額かどうかの方が重要な位です。

 

審査結果は受けてみるまで分かりませんが、大手消費者金融には簡易診断が用意されています。3~5項目程度の簡単な質問に答えるだけで、融資できそうかが即座にわかります。事前に受けておくと安心かもしれません。

 

申込み方法自体は銀行も変わらない

じつは消費者金融も銀行も、ネットでの申込み自体には大きな違いはありません。ネットで来店不要の申込みが行える銀行カードローンであれば、手続きも手間なくすばやく進められるようになっています。

 

来店不要となるオリックス銀行カードローンの契約はネット上のWeb手続きであれば消費者金融とは大差なく、契約や初回の借入れまでのスピードには違いこそありますが、その点を気にしないのであれば消費者金融ではなく銀行での借入れを考えてみるのも良いかもしれません。

 

銀行であれば金利負担も軽く借りられるようにもなっているため、返済の負担をそこまで大きくせずに計画的な利用も可能となっているためです。