審査は長引く場合もある

大手消費者金融の特徴として、審査の早さがあります。スコアリングという手段で、融資できそうかどうかを迅速に判断するので、審査は最短30分で終わります。消費者金融ならすぐにお金を貸してくれるというのは、審査も含めた手続き時間の短さが根拠にあります。

 

ただし、最短とあるように、審査時間は30分で終わらない場合もあります。急ぎで、それも本当に緊急でお金が必要な場合、長引く可能性も考慮しておいた方がいいかもしれません。

 

審査は最終的に人間が行うものです。その審査窓口も、混み合う場合があります。単純に審査窓口が混み合うと、審査に時間がかかってしまいます。

 

また、営業時間の問題もあります。大手消費者金融なら土日や祝日でも営業しています。ただし、夜間22時を過ぎてしまうと審査は翌日になります。申込みは24時間行えますが、審査は深夜まで行っているわけではないのです。それでも、翌日は優先的に審査してもらえます。

 

審査が長引く可能性があるからといって、複数社の消費者金融に同時に申込んではいけません。短期間に同時に複数社で申込みをすると、それが原因でどこも審査に落ちてしまう場合があります。複数社で申込みをする位であれば、優先的に審査をしてもらうよう直接伝えましょう。大手なら専用ダイヤルで、優先的に審査をしてもらえます。

 

大きな金額を借りる際には注意が必要

審査は借りる金額が大きくなるに連れて慎重になっていくため、例えばまとまった金額を借りることとなるおまとめローンの審査を受ける際においては審査回答には時間を要する場合がほとんどです。

 

消費者金融でもおまとめローンとしての一本化の借入れが利用できる場合があり、最短即日融資で借りる少額の利用時とは異なり、おまとめローンは大きな金額を借りるために審査回答や融資の実行も当日中とはいかない場合があります。

 

必ずその日のうちに審査結果が分かり、借入れもその日のうちに利用ができると考えてしまうと失敗をしてしまうので、審査には時間がかかる場合があると考えておくと良いでしょう。