大手と中小消費者金融の違い

大手消費者金融のキャッシングは便利ですが、誰でも借りられるわけではありません。審査に落ちてしまった場合、中小規模の消費者金融で借りるという手段もあります。大手ならではの安心感は魅力ですが、審査は徹底的に行います。特に厳しいのは他社借入れです。

 

債務整理の経験がある人や、他社の各種ローンで未納や支払い遅れがあった場合、これが原因で審査に落ちてしまう可能性があります。特に大手の場合には厳しいので、すでに複数社で借入れしている人や、債務整理中の人は、借りられる可能性が低いです。

 

中小規模の消費者金融なら、債務整理中の人でも貸してくれる可能性があります。審査基準が大手と違うので、大手で断られた時には申込んでみても良いかもしれません。

 

ただし、大手と比べると中小規模の消費者金融の方が、融資額は少ない傾向にあります。貸付金が少ない代わりに、その分審査は通りやすくなります。また、金利についても中小規模の消費者金融の方が高い傾向にあります。

 

また、中小規模の消費者金融の認知度は、大手程ではありません。中には闇金のような違法業者もあります。中小規模の消費者金融の場合には、悪徳な違法業者でない、安全な業者を選ぶ必要があります。

 

順番としては銀行からとなる

基本的にカードローンの利用先を考える際には、銀行、大手消費者金融、中小の消費者金融となります。まずは銀行で借りられないかを考える場合が多く、借りられるのであれば消費者金融よりも条件に優れるために返済負担の軽いカードローン利用が行えるようになります。

 

銀行のカードローンも様々あり、来店不要で契約が進められるオリックス銀行カードローンの手続きなら消費者金融と変わらない手軽さでカードの発行まで行えるため、消費者金融での利用を考える前に見ておく価値があります。

 

オリックス銀行を含む銀行カードローンでの審査に通らないとなれば大手の消費者金融の利用を検討し、それでも難しければ中小の正規消費者金融となっていきまあす。ただ、中小の消費者金融は利用前に評判等の確認が欠かせないため、初心者の方が利用をすべきではないと知っておきましょう。